本文へ移動

お知らせ

新型コロナウィルス 当社の対応について

当社におけるコロナウイルス感染対策

2021年9月10日
丸心産業株式会社

当社におけるコロナウイルス感染対策

当社は新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、以下(1)①~⑥、(2)①~⑦の基本的対策を全従業員、関係者に周知し実践いたします。

(1)一人ひとりの基本的感染対策
①健康観察
・毎日朝晩2回の検温測定や健康観察を行い、発熱や風邪症状がある場合は会社に連絡し、出社をしない。
・発熱はないが体調不良を自覚する場合も出社を控える。(以上は同居家族の場合も同様とする)
・勤務中に体調不良を認めた場合には直ちに上長へ報告し、帰宅して経過観察をすること。
(職場復帰、出社許可については2021年9月2日付当社ガイドラインに沿って会社が個別に判断します)
②マスクの着用
・勤務中及び外出時は正しくマスクを着用し、咳エチケットを徹底する。
・ポリウレタン製のマスクは布マスクやサージカルマスク(不織布)に比べ予防効果は低く、アレルギー発症も報告されているので、極力使用を控える。サージカルマスクと他の素材のマスクとの2枚重ねはOK。(サージカルマスクを下にして隙間の無い様に着用すること)
・マスクの着脱をする際には手洗い又は手指消毒をする。マスク本体を触らないように気を付けながらゴム部分をもって外し、その後よく手洗い又は消毒を行う。
③手指衛生の励行
・水道水と石鹸により手指に付着したウイルスを洗い流すこと。爪の間や手首までしっかりと洗うこと。
・手洗いできない環境ではアルコール消毒液を利用する。口や顔や目の周りをむやみに触らないことも重要。
④身体的距離の確保
・可能な限り身体的な距離をとる。2m(最低1m)が望ましい。
・接触を減らすため、不急の出張、打合せ、会議は避け、電子媒体を活用する。
⑤外出地域や店の選択
県外への往来は、やむを得ない場合(冠婚葬祭や家族の入学試験・資格試験など)を除き控える。やむを得ず往来するときは感染症対策を徹底する。特に県内や隣接地域で緊急事態宣言や蔓延防止処置が発令されている期間は、県の対策内容を厳守し県外への移動は控え、家族以外の人との飲食を伴った会合(会食)やカラオケなど密な環境の遊興施設、催物(イベント)等への出入りを禁止する。
発令されていない期間でも、当面は外食や外出、買い物については感染対策を徹底しているお店や施設を選び、テイクアウトの利用や、最少人数で回数を減らす、混雑時は入店を避けるなど、各自で感染対策を工夫する。
⑥禁煙の推奨
喫煙をしている人はしていない人と比較して3倍死亡しやすいといわれている。また、喫煙によって慢性閉塞性肺疾患(COPD)が生じている人の場合には肺が大きく破壊されてしまうため、コロナに感染すると重症化しやすいというデータもあるので、これを機会に喫煙者には禁煙を推奨する。

(2)環境的対策
①【3つの密】の回避
・密接、密集、密閉を避け、感染リスクを低減させるためゼロ密を目指す。
・対面する場所にはアクリル板の設置や社会的距離の確保を行う。
②換気
・窓を閉め切って作業を行う場合には30分に1回以上、数分間程度窓を全開にして換気することが望ましい。
最低でも1~2時間に1回は窓を開け換気すること。
・換気の際は空気の流れを作るために、二方向の壁の窓を解放または窓とドアを開けるようにすること。
③作業場や人が触れる場所の清掃や消毒
・作業開始前に身の回りのテーブルや椅子、扉、パソコンなど不特定多数の人が触れる場所の清掃や消毒を行う。居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化で感染リスクが高まることがあるので注意する。
・感染者(陽性者)が発生した場合の消毒
 原則として感染者の最後の使用から3日間を経過していない場所や器物、触手物の消毒を行う。
④昼食時の感染対策
・配席を工夫し対面して座らず、黙食を心掛ける。自席などで個々に食事を摂ることも推奨する。
・自分が使用した場所は自分で消毒を行うなど衛生管理をする。
・当面の間、昼食時、休憩時のお茶出し、来客者へのお茶出しは行わない。
⑤特別休暇
・コロナ感染者(陽性者)・濃厚接触者・感染を疑う体調不良により会社から出勤見合わせ依頼をした場合は、特別休暇とし給与を全額保証する。
・同様にワクチン接種に関わる休暇についても、重症化を防ぎ医療機関の負担軽減に寄与するという社会貢献のため積極的に接種を推奨する立場から、5月28日付文書で提示した通りその予約日、接種日当日、接種後の体調不良期間について特別休暇とし給料を全額保証する。
⑥差別の防止
・感染者や感染疑いのある濃厚接触者、体調不良者などへの差別や中傷はしない。
・アレルギーなどでワクチン接種を受けられない人がいるという現実もあるので、接種を強要したり、未接種による仕事上の差別などは行わない。
⑦デマ情報への注意喚起
・人の噂やネット情報には根拠の無いデマも多いので十分注意をし、安易に拡散させない。
・正しい情報を正しい方法で得るように心がけること。(厚生労働省、茨城県庁ホームページ等)

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

2021年9月2日
丸心産業株式会社

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

①体調不良者の対応、職場復帰の目安

発熱(37.5℃以上)や風邪症状の体調不良を認める従業員は『会社への連絡』と、かかりつけ医・最寄りの医療機関、もしくは自治体が設置する新型コロナウイルス受診相談窓口等に相談し、『コロナウイルスの検査』を受けてください。その結果に基づき、診察医からアドバイスを受け、内容の報告を会社に行うようお願いいたします。検査結果が陽性であった場合は、医療機関の指示に従い療養を開始してください。
なお、コロナ検査の結果が陰性で、かつ医師からコロナ感染が否定された場合であっても偽陰性の可能性を考慮し、以下の条件を満たした後に出勤を許可する事とします。
・発症後に少なくとも8日が経過している。
・解熱剤等の熱発を緩和させる薬を服用していない状態で、解熱後72時間(3日間)が経過しており、発熱以外の症状(咳、倦怠感、呼吸苦など)が全て改善している。
 
②感染者(陽性者)の職場復帰の目安

 療養後、診察医から職場復帰の許可が下り、さらに以下の条件を満たす場合に出勤を許可します。
 ・発症後(又は診断確定後)少なくとも14日間以上経過している。
 ・解熱剤等の熱発を緩和させる薬を服用していない状態で、解熱後7日間が経過しており、発熱以外の症状が全て改善している。(但し味覚、嗅覚障害については後遺症として長く残ることがあるので除く)
 
③濃厚接触者の定義

「濃厚接触者」とは感染者が入院療養、宿泊療養または自宅療養を開始するまでに接触した者のうち以下に該当した者を含みます。保健所の判断を待たずに会社の責任で「濃厚接触者相当」とする者を特定し自宅待機を命ずる事があります。
 ・感染確定者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
 ・手で触れることが出来る距離(目安は1m)で、必要な感染予防対策(マスク着用など)なしで、感染者と15分以上の接触があった者
 ・適切な防護服なしに感染者を看護もしくは介護していた者
 ・感染者の気道分泌液(唾液など)もしくは体液等の汚染物質に触れた可能性が高い者
 
④「濃厚接触者」に該当する者の自宅待機期間とPCR検査

濃厚接触者と判明、もしくは判断された場合については、感染者との最終接触日の翌日から14日間の自宅待機にて経過観察をしていただきます。自宅待機中に発熱等の症状を認めた場合には、自治体の相談窓口や医療機関に速やかに相談してください。(接触直後と5日~7日経過後の2回のPCR検査が推奨されています)

⑤職場復帰を目的としたPCR検査陰性証明書の取得については上記復帰目安を優先し必須とはしない

感染防止対策宣誓書

2020年12月22日
丸心産業株式会社

当社の対応について ❸

2020年7月1日
丸心産業株式会社
 
新型コロナウィルス感染予防について当社の対応 ❸
 
新型コロナウィルス感染拡大予防のための「新しい生活様式」を、当社では全従業員、関係者に周知し、実践いたします。
 
(1) 一人ひとりの基本的感染対策
  ①身体的距離2Mの確保
  ②正しい手洗いの励行とアルコール消毒の活用
  ③外出時や会話をするときのマスク着用とせきエチケット
  ④朝晩2回の検温、体調管理
  ⑤買い物、外食、娯楽に出かける場合の、地域や店の選択
(2) 会社内での感染予防
  ①3密(密接、密集、密閉)の回避
  ②各職場での1~2時間に一回以上の換気
  ③マスク着用と手洗いの励行
  ④発熱、風邪の症状がある場合に出勤を控え、会社に連絡する
  ⑤昼食時のルールとお茶出しルールの継続
以上

社内ルール変更について *期間延長のお知らせ(2020年5月18日付)

2020年5月18日
丸心産業株式会社
 
新型コロナウィルス感染拡大予防の為のルール変更について
 

(1) お茶出しの件

   来客者及び昼食時、15時のお茶出しについて下記の期間休止とする。

   必要な場合は自販機を利用するか、各自で持参する。

 

(2) 昼食場所の件
   当社は自席や自家用車内で昼食を摂ることを禁止していたが、
   昼食時に一室に集まって食事を摂ることを避けるため、
   下記の期間自席または自家用車内で個別に昼食を摂ることを推奨する。
   自席または自家用車内で食事を摂る場合は、衛生面に配慮する。
 
<ルール変更期間>
4月14日(火)~5月15日(金)
‐‐>しばらくの期間、延長とする。
以上

緊急事態宣言発令に関して当社の対応Ⅱ

2020年4月17日
丸心産業株式会社
代表取締役 小口 容
 
新型コロナウィルス緊急事態宣言発令に関して当社の対応Ⅱ
 
     政府による新型コロナウィルス緊急事態宣言の全都道府県への発令を受け、
     本日よりしばらくの期間、当社では感染拡大防止のための行動を
     さらに厳しく全従業員、関係者に周知徹底いたします。
 
(1) 就業日、休日を問わず3密(密閉、密集、密接)を避ける行動と不用不急の外出を自粛する。
(2) 正しい手洗いの励行と社屋に入る前の手指の消毒の徹底。
(3) 勤務時間中及び外出時のマスク着用とせきエチケットの徹底。
(4)   毎日朝晩最低2回の検温の実行し、37度以上の発熱、風邪の症状、倦怠感、
     味覚、嗅覚異常の確認をする。異常ありの場合はただちに出勤を停止し会社に
       報告するとともに、医療機関、保健所に連絡し指示を受ける。
(5)   各職場の換気の励行(1~2時間に1回は窓を開け換気をする)
(6)   外部者との接触を減らすため、不急の出張、打合せ、会議は
         延期または中止とし、電子媒体を活用する。
以上    

社内ルール変更について

2020年4月14日
丸心産業株式会社
 
新型コロナウィルス感染拡大予防の為の社内ルール変更について
 

(1) 来客者及び昼食時、15時のお茶出しについて下記の期間休止とする。

   必要な場合は自販機を利用するか、各自で持参する。

 

(2) 当社は自席や自家用車内で昼食を摂ることを禁止していたが、
   昼食時に一室に集まって食事を摂ることを避けるため、
   下記の期間自席または自家用車内で個別に昼食を摂ることを推奨する。
   自席または自家用車内で食事を摂る場合は、衛生面に配慮する。
 
<ルール変更期間>
4月14日(火)~5月15日(金)
*状況に依って延長もあり
以上

当社の対応について

2020年4月8日
丸心産業株式会社
 
新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に関して当社の対応について
 
      政府による新型コロナウイルス緊急事態宣言発令を受け、
      当社は指定地域ではないが感染拡大予防の為、
      しばらくの期間すべての従業員、関係者に対して下記の徹底を致します。
 
(1) 3密(密閉、密集、密接)を避ける行動
(2) 正しい手洗いの励行、アルコール除菌の励行
(3) マスク着用などのせきエチケットの徹底
(4) 毎日の検温(37.5°前後の発熱の有無)及び
   風邪の症状、倦怠感、味覚、嗅覚異常の確認
   *異常有りの場合は早急に上長に相談または医療機関、
   保健所に連絡し指示を受ける事
(5) 各職場の換気の励行(1~2時間に1回は窓を開け換気に努める)
(6) 不要不急の出張、打合せ、外部者との接触などを避け、
   商談、打合せはできるだけ電子媒体を利用すること
             以上
丸心産業株式会社
〒312-0036
茨城県
ひたちなか市津田東3丁目1番17
TEL.029-274-3322
FAX.029-272-9861
TOPへ戻る